綺麗な住宅に住みたい

風通しを良くする

風通しが悪くなると、すぐにカビが生えてしまいます。
中古物件でも、入居してすぐにカビが生えるなんてことはありません。
風が入って室内が乾燥していればそのような事態は起こらないので、風通しが良くなるデザインを考えてください。

元々、窓が少なく設計されている物件があります。
その時は、自分で窓を追加した方が良いと思います。
リフォームでは窓を追加できるので、どこを窓にすれば風通しが良くなるのか計算してください。
適当なところに窓を作っても、空気の通り道ができないので湿気の多い室内になります。
風通しまで計算してデザインを決めることは難しいので、企業のスタッフと一緒に決めても良いでしょう。
アドバイスを聞いてください。

汚れがつきにくい工夫

リフォームをする時は、一緒にフロアコーティングをする人が増えています。
フロアコーティングとは床に特殊な塗料を使って、ピカピカにする作業のことを言います。
見栄えが綺麗になるだけでなく、今後は汚れがつきにくくなる特徴も持っています。

中古物件の場合は。床に傷がついていることが考えられます。
それが気になる人でも、フロアコーティングをすれば目立たなくなるので安心してください。
他の部分は希望通りなのに、床が汚いという理由だけで避けるのはもったいないですよね。
リフォームを一緒にフロアコーティングを企業に任せると、割引価格になるところがあります。
そこに連絡すれば、少ない費用で綺麗な物件に引っ越すことができるかもしれません。



TOP